サイトメニュー

会話にまとまりがなくなる

成人男性

非現実的な話をしたり、話が飛びやすい

双極性障害は、うつ状態と躁状態を繰り返す精神疾患のひとつです。躁状態になると気分が高揚するため、誇大妄想などが見られたり、話しだすと止まらないなどの症状が見られます。躁状態の時は、一見は元気そうに見えますが、異常な状態なので放置をしておくと様々な支障が出てきます。双極性障害の躁状態の時は、奔逸が見られることがあります。奔逸は頭に浮かんだことを、そのまま話してしまうので、まとまりのない会話になります。非常に気分が高揚をしているので、非現実的な話をしてしまったり、話の内容が飛ぶのでまとまりのない会話になります。同居している家族や配偶者に気になる症状が見られる時は、精神科の病院やクリニックを受診させることが大事です。うつ病に比べると、抗うつ剤などが効きにくいですが、気分安定薬を服用することで、躁状態を抑えることが出来ます。躁状態になると、夜もろくに眠らなくても活動が出来たり、浪費をしてしまったり、詐欺に遭ってしまい多額の借金が出来ることもあります。周囲の家族も振り回されてしまうので、大変深刻な問題です。精神科の病院やクリニックでは、カウンセリングなどの精神療法や認知行動療法、投薬などの治療を行います。症状に合った薬を処方してもらうことで、気分が安定してくるので、病気が寛解することもあります。双極性障害は再発がしやすい傾向があるので、体調が良くなってきても、薬は根気よく続けることが大事です。信頼できる精神科のクリニックを選ぶと、一人一人の症状に応じた治療法を提案してくれます。

双極性障害は、比較的若い年代の人に多い病気ですが、躁状態の時は活発に行動をするので、一見すると元気が良いように見えます。躁状態になると、活発に行動をしたり、お金遣いが荒くなることもあります。奔逸は躁状態によく見られる症状のひとつです。気分が高まっているので、頭に浮かんだことをすぐに話してしまう状態です。現実的ではない話を繰り返したり、話にまとまりがなくなることが多いです。会話をしている人は、話がまとまっていないので違和感を覚えることがほとんどです。奔逸は躁状態の時によく見られる症状なので、早めに精神科の病院やクリニックを受診させることが大事です。双極性障害はうつ状態になると、気分が憂鬱になったり、部屋に閉じこもるなどの症状が見られます。双極性障害はうつ病に比べると、治りにくいイメージを持っている人が少なくありません。病気を早期に発見することで、適切な治療が受けられます。躁状態やうつ状態が改善して、寛解期に入っている人も多いです。統合失調症などの病気に比べると、本人に病識があることが多いです。精神科の病院やクリニックを受診する時は、なるべく家族や配偶者が付き添ってあげることが大事です。医師とカウンセリングを行うと、話にまとまりがないことがあるため、病気の診断が付くことが多いです。精神科の病院やクリニックでは、問診などのチェックが受けられます。信頼できる精神科の病院やクリニックを選ぶと、専門的な知識を持った医師や薬剤師、看護師などが担当してくれます。まずは電話で予約を入れましょう。